ワンピース:エッグヘッド島の黄猿提督、説明

黄猿提督は、ワンピースの世界で最も強いキャラクターの 1 つです。彼は、世界政府が持つ最強の軍事資産として知られている海軍の 3 人の提督の 1 人です。キザルはシャボンディ諸島編のタイムスキップ前に初めてファンに公開された. ファンが彼の力がどれほど素晴らしいか、そして彼が本当に巨大な戦闘機であるかを知ったのはそこでした. キザルは、ワーストジェネレーション全体を1人で引き受け、そのうちの4つをかなり簡単に倒すことができました.

レイリーに止められていなければ、麦わらの一味も倒していた可能性が高い。黄猿も頂上戦争に参加し、被害は少なかった。タイムスキップ後、物語での彼の役割は制限されましたが、彼は現在、エッグヘッド島で行動するよう求められており、ここで重要な役割を果たすことは間違いありません.

黄猿がエッグヘッド島に来る理由

ワンピース 1070 黄猿降臨

キザルは、タイムスキップ後に常に行動に移したいと考えていた提督の1人です。これは、ビッグマムとカイドウが接触したホールケーキアイランド編のイベントの直後に初めて見られました. 黄猿は二人を傍受し、ビッグマムがカイドウに会うのを止める許可を求めていた. しかし、海軍大将であるサカズキは、この任務が危険を伴うことを知っていたので、彼にそれを許可しませんでした. 今回、黄猿は麦わら海賊団とベガパンク博士がいるエッグヘッド島に艦隊を率いることを許可された。彼の目標は、麦わらの一味を止めることであり、さらに重要なことに、ベガパンク博士を根絶することです。

サカズキが仲間の海兵隊員と会話したことで示唆されたように、海軍はベガパンクを殺す計画を立てているようです. ベガパンクが麦わら海賊団の側についたことを彼らが知っていることを考えると、彼の死は海軍が確実に望むものです. 黄猿の目的はベガパンク博士を抹殺し、その途中で麦わらの一味の思い通りに行動を止めること。最近エッグヘッドに向けて出発したので、彼が島に到着するまでには間違いなく時間がかかります. ワンピース1070で、黄猿は彼が島に近く、麦わら海賊団がいる場所に大規模な艦隊を率いていたという事実をからかった. ただし、彼が島に着陸する正確な時期を確認する必要があります。とにかく、彼が到着したら、彼はきっと主要な役割を果たすでしょう.

エッグヘッド島でのキザルの役割

光の剣を作る黄猿

黄猿は海軍の最強メンバーの 1 人であり、海軍大将の地位を保持しているため、ワンピースの全世界で最も強力な人物の 1 人であることは間違いありません。タイムスキップの前は、ファンは彼の能力を垣間見るだけで、彼が巨大な戦闘機であることは明らかでした. ここまでは織田が提督たちを救ってきたが、いよいよ出陣の時を迎え、黄猿からスタートするようだ。黄猿が艦隊を率いてエッグヘッド島に向かったという事実を考えると、その意図は明らかだ。彼は麦わらの一味との戦争を望んでおり、サイファーポルの支援を受けて、乗組員を止め、同時にベガパンク博士を排除することを望んでいます. 運が良ければルフィも退治したい。そのため、織田が黄猿を戦闘目的で利用していることは明らかです。

ファンが海軍が提督との主要な戦闘に向かうのを見るのはこれが初めてであり、ファンは長い間これを見たいと思っていました. 覚えていない方のために説明すると、黄猿は覇気の非常に強力なユーザーです。しかし、彼の最大の資産は、彼自身を光に変えて自由に操作できるロギアタイプの悪魔の実であるピカピカの実です. 麦わらの一味との戦闘で彼の能力を最大限に発揮する姿を、ファンはきっと見ることができるだろう。これは、ルフィ自身、ゾロ、またはサンジのいずれかである可能性があります。それらのすべてには、戦闘で彼を連れて行き、エッグヘッドの島を安全に離れようとする理由があるからです.

Sabaody へのコールバック

黄猿vsレイリー

鋭い目を持つファンは、黄猿がエッグヘッド島にやってくることが、シャボンディ諸島での2年間のタイムスキップの前に乗組員が直面した状況に似ていることに気付くでしょう. 当時、黄猿、戦兎丸、バーソロミュー・くまが島にいて、大規模なイベントが発生しました. 今回はすでに戦桃丸が島にいて、黄猿は大規模な海軍艦隊で島に向かっています. 同時に、最近海軍に救出されたバーソロミュー・くまは、彼自身の能力を利用し、おそらくエッグヘッドにも旅行しているのが最後に見られました.

これらすべてのキャラクターが 10 年以上ぶりに同じ場所で再会します。以前、麦わら海賊団は島で全滅し、黄猿率いる海軍が勝利した. しかし、今回は麦わら海賊団が四皇族となり、ルフィが海賊王に近づく可能性が高い.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です