NARUTO -ナルト- うちはイタチの道術のインスピレーション

うちははナルトの世界で非常に強力で傑出した一族です. うちはは団扇の別の発音で、団扇のシンボルです。

うちわは炎を扇動するために使用できるため、炎をより熱くすることができます。これは、優れた火のチャクラの性質で知られるうちは一族の激しい性質への言及であり、特徴的な動きであるファイア リリース: グレート ファイアボールである風印術に少し熟練しています。技術。

うちはイタチの万華鏡写輪眼のインスピレーション

イタチに説明されるコトアマツカミ

写輪眼は、ナルトの宇宙で最も有名な道術の 1 つです。うちは一族に属する忍が大きなトラウマを負った際に目覚めたこの特別な目は、所有者に一連のユニークな能力と改善された能力を与えます.

裏切り者の忍、うちはイタチは幻術の達人であり、戦闘中にエースを駆使し、その存在自体が真の芸術と呼ぶことができます。葉隠れの里を守るために一族を虐殺し、その生贄が裏切り者と呼ばれるようになったのは、一族を虐殺し、弟であるうちはサスケを惜しまなかったからです。そして、木ノ葉の里の宿敵である暗殺集団アカツキに加入。しかし、真実が明らかになり、彼が本当に誰であるかをみんなに示しました. 裏切りと思われる行動の背後にある理由は、兄と村の利益に役立つことであり、それが彼を最後まで忠実なこのはがくれであり続けさせ、彼の動機は彼の死後にのみ明らかにされた.

多くのファンから神のように見なされているこの宇宙の重要なキャラクターは、日本神話の主要な神々である天照大神、イザナミ、イザナギ、ツクヨミ、スサノオに関連した道術を持っています。

神道は日本最古の宗教で、本来は「神の道」を意味していました。神道の神々はカミ(神)と呼ばれます。日本古来の神話によると、イザナギとイザナミは日本に多くの神々と島々を産みました。

妻のイザナミが亡くなった後、イザナギは彼女を復活させるために多くの島や聖地をさまよいました。しかし、彼の検索は彼をアンダーワールド(ヨミ)に導きました.

ヨミに入ると、ついに愛するイザナミに会えたが、彼女はすでにヨミによって消費されており、ただの死体であり、生者の領域に戻ることを禁じられていた. 恐怖と失望のイザナギがついに外の世界に戻ると、彼は巨大な石で冥界への入り口を塞いだ. 悲しみに暮れた神は死者と触れ合った後、清められるために海に浸かり、多くの島々を生み出したイザナミを思い出して涙を流しました。神が水浴びを始めると、いくつかの神々が誕生しました。その後、主要な神道の神々が生まれました。太陽の女神であるアマテラスは、左目を洗ったときに生まれ、月の神であるツキノミは、右目から生まれました。伝説では、うちはイタチの道術との関係を見ることができます。スサノオ

イタチの万華鏡写輪眼テクニック

うちはイタチ NARUTO -ナルト- スサノオ

万華鏡写輪眼(万華鏡写輪眼)は、「万華鏡のコピーホイールの目」を意味し、うちは一族の一部のメンバーによってのみアクティブ化された写輪眼の高度な形式です。これらの目のテクニックは、目が直接影響を受け、巴と呼ばれる黒いコンマのようなパターンで赤くなるため、万華鏡写輪眼と呼ばれます。イタチの3つの名前付きアイテクニックは、アマテラス、ツクヨミ、スサノオです.

アマテラスまたは太陽の女神のテクニックは右目によって生成され、万華鏡写輪眼の形を利用してほとんどすべてを焼き尽くす強力な黒い火を作り出す忍術のテクニックです.

アマテラスは日本神話の最高神です。彼女についての最も有名な伝説は、彼女が洞窟に閉じこもり、世界と天国の両方に一連の災害をもたらしたことを伝えています. 月の神・ツクヨミ、嵐の神・スサノオとともに、創造神イザナギの最も重要な子供である「3人の貴子」の1人と見なされています。

ツクヨミまたは月の神テクニックは左目によって生成され、精神的および肉体的に有害な幻想を開始するために万華鏡写輪眼の形を利用する幻術テクニックです. このイリュージョンを使用するために、イタチは術がキャストされている間、相手の目を覗き込む必要があり、ターゲットは彼のなすがままになります. 彼はこの術で空間と時間を完全にコントロールし、犠牲者を好きな長さで好きな地獄に通すことができます. 実際には、この技術はほんの 1 秒しか持続しませんが、影響を受けた人は数日間の痛みに耐えられた可能性があります。

スサノオまたは海と嵐の神技は両目で生成され、万華鏡写輪眼の形を利用して、ユーザーを取り囲む剣を振るう幽霊を作成します. この妖怪は盾と、戸塚剣と呼ばれる刃を振るう。この刃が斬ったものは、時の終わりまで至福の忘却の幻術として封印される。

スサノオは、出雲でヤマタノオロチの蛇を倒した英雄としてよく見られます. また、戸塚の剣は日本神話の特定の武器ではなく、むしろ神道の神々が振るう巨大な古代の剣を指しているが、スサノオはそのような剣を使って出雲のヤマタノオロチの蛇を殺し、イタチとの最後の戦い.そして、イタチのスサノオが戸塚の剣を使ってオロチマルを殺すサスケは、伝説へのうなずきです. イタチとオロチマルの戦いと直接の類似点があり、スサノオを使用している間、彼は大蛇の形でオロチマルを封印した.

うちはイタチは、幼い頃に万華鏡写輪眼道術を目覚めさせたため、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの力に早くからアクセスできるようになり、戦闘での敗北が非常に困難になりました. はたけカカシがクレナイとアスマの救助に来たとき、イタチはツクヨミをカカシにキャストし、カカシは3日間連続で入院した. サスケにもツクヨミを使った。

盲目で末期の病気を患っている最年長のイタチは、弟のサスケに彼を殺させた. この非常に感動的な瞬間は、より高い目的への手段として彼の一族を暗殺しなければならないというイタチの惨めな任務の終わりを告げ、それはコノハの最も強力な忍の一人としての彼の評判を確実にした. サスケが万華鏡写輪眼を目覚めさせ、亡くなった兄の目の助けを借りてアマテラスを使うことができたのは、イタチの死後だった.

ボーナス

うちはイタチ ナルト 神道の神々

これらすべてに加えて、イタチ自身の名にはオカルト的な意味が隠されています。日本でもヨーロッパでも、邪悪で狡猾で、死にまつわる縁起の悪いものとされている「イタチ」を意味します。場合によっては、イタチがイタチの幻術と同じように人々に催眠術をかけることができると考えられており、その巧妙な性質はイタチの行動と隠された目的を示しています.

うちはイタチのほとんど神のような性格を説明できるもう 1 つのポイントは、重要な美徳を象徴する日本の三種の神器の意味の背後にあります。草薙の剣は価値、八咫鏡は叡智、八坂尼の勾玉は慈悲を表しています。これらのアイテムは、神とのつながりを示すために、即位の前に皇帝に贈られます。NARUTO-ナルト-では、うちはイタチがしばらくの間、3つの神器をすべて所有していました.

アニメで最も脅威的なゾンビ 7 人 アニメで最も脅威的なゾンビ 7 人

アニメで最も脅威的なゾンビ 7 人

ゾンビは、すべてのメディアで最も一般的で頻繁に使用される比喩の 1 つです。それらは、他の問題に取り組んだり、コメディを作ったり、適切なサバ

うる星やつら 第15話感想 うる星やつら 第15話感想

うる星やつら 第15話感想

以下、 HiDiveにて配信中のうる星やつら第15話「あんこパトス、恋の味?!/思い出と危機一髪…/逆効果」のネタバレを含みます。 今週のエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です