アトラスは、ペルソナ3ポータブルとペルソナ4ゴールデンの移植は「困難で骨の折れる」プロセスだったと述べています

パブリッシャーの Atlus は、Persona 3 Portable と Persona 4 Golden の両方をリマスターするプロセスを、最新のプラットフォームでは「困難」で「骨の折れる」ものであると説明しています。パブリッシャーは昨年、これらのポートを最初に発表しました。そこでは、特にNintendo Switchのようなコンソール向けに、いくつかのファンのリクエストを受けて、シリーズを複数のプラットフォームに導入する予定でした. ペルソナ 5 ロイヤルは 2022 年の最後の四半期にマルチプラットフォームで発売され、ペルソナ 3 ポータブルとペルソナ 4 ゴールデンのポートも最近リリースされました。

新しいシステムでのこれらのゲームの発売を強調するために、ファミ通マガジンは、これらのポートに関するアトラス プロデューサーの野村淳とペルソナ チーム ディレクターの矢島大輔へのインタビューをリリースしました。野村の最も注目すべき役割は、2020 年にリリースされたペルソナ 4 ゴールデンの Steam バージョンを担当していたため、これらのリマスターの開発をリードしていたことです。矢島は前述の Steam バージョンのディレクターであり、最近リリースされたリマスターのディレクターでもありましたペルソナ 3 ~ 5 のリマスター。主にゲームを最適化して、オリジナルに劣らないようにします。『ペルソナ3 ポータブル』と『ペルソナ4 ゴールデン』のリマスタリングの経緯を聞かれると、開発中に苦労したことを語った。

ファミ通は、ペルソナ 3 ポータブルとペルソナ 4 ゴールデンのリマスターに関しては、単純な移植以上のものが含まれているかどうかを尋ねました。どちらのゲームも、もともとペルソナ 5 ロイヤルのようなメインライン コンソールではなくハンドヘルドでリリースされたからです。スプライトや 2D イラストなどは高解像度のデータがありましたが、3D モデルには最適化に時間がかかるテクスチャがありました。野村氏はまた、これらのテクスチャを高解像度ディスプレイで機能させるための要素が元々存在しなかったため、このプロセスは困難で骨の折れる作業であると説明しました.

Persona-3-4-5-Remaster-Key-art

Atlus は、Persona 4 Golden を Steam に移植する際に開発者を支援したチームである Preapp Partners と提携していました。野村氏は、高解像度データを作成するためのすべてのリワークの後、キャラクターと背景がオリジナルよりもはるかに良く見え、チームに感銘を与えたと述べました. 矢島氏は、解像度が上がったとしても、元のゲームが 30 FPS で作成されたため、ゲームの新しい 60 FPS をサポートするために、外観や領域などの側面でまだ修正が行われていると述べました. これは、ブースト後にイベント シーンのモーションとスケーリングが一致しない領域で特に顕著ですが、そのおかげで移動と戦闘はオリジナルよりもスムーズに感じられます。

とにかく、両方のプロデューサーは、ファンがリマスターを楽しんで、アクセス可能なさまざまなシステムで再生する新しい機会を提供することを望んでいます. 矢島は、ファンがペルソナ3ポータブルで女性主人公のルートを楽しんでくれることを望んでおり、一部のファンは彼女を知っているが、これまで彼女としてプレイしたことがないことに注意しています.

ペルソナ 3 ポータブルとペルソナ 4 ゴールデンは、PC、PS4、スイッチ、Xbox One、Xbox シリーズ X/S で現在利用可能です。

出典:ファミ通(ペルソナセントラル経由)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です